フルハウス

ドラマというものは、日本において第二次世界大戦後から変わる事なく人々の生活にとって無くてはならないものであり続けてきました。

そして、古いドラマから最新ドラマまで幅広い年代の作品がDVDや有料配信サービスなどを通じて繰り返し視聴され続けています。

この記事では、往年のトレンディドラマのおすすめ視聴方法や最新ドラマを見逃した場合の対処法などをご紹介します。

懐かしのドラマを観たい!色々な視聴方法を調べてみた。

1990年前後のトレンディドラマが見たい場合はどうすればいい?

1988年頃から1990年代前半にかけて、日本では若いプロデューサーが主体となって昭和的な和風ドラマに対抗するモダンな雰囲気のドラマがたくさん制作されました。

それらのドラマに人々は大きな影響を受け、文化や服装の西洋化が一気に進んだと言われています。

その当時はテレビのチャンネル数が少なかったほかご覧の種類も少なかったため、通称"トレンディドラマ"の視聴率が当たり前のように20%以上を記録していたほか、30%を超えていた作品も存在します。

当時のドラマをリアルタイムで知っている世代や、当時のトレンディドラマに対して強い憧れを持っているかたはテレビ局直営の映像配信サービスの利用がおすすめです。

直営であれば、外部の配信サービスでは視聴できないものも含めて幅広い作品も定額料金で思う存分観る事ができます。

例えば、月曜日夜9時の枠や木曜日夜10時の枠でメガヒット作品をたくさん輩出してきた某局の動画見放題サービスは月額費用が1000円未満です。

そのサービスでは往年の名作の大半が配信されており、昔を懐かしみながら週末や大型連休中に有意義な時間を過ごせます。

最新ドラマは無料で見逃し配信している例も増えている

かつて最新ドラマというものは翌週までの再放送がないのが一般的で、もし録画し忘れてしまった場合はその回を観るのを諦めるしかありませんでした。

どうしても観たいとなると、知り合いの中で録画している人を探し出してVHSビデオテープや録画用DVDを借りるしかなかった部分があります。

しかし、2010年代に入って次々に無料・有料の動画配信サービスがスタートすると、視聴率が落ちる事は気にせず最新回を見逃し配信するケースが増えてきました。

なお、見逃し配信はパソコン端末からしか視聴できないわけではありません。

外出先にてスマートフォンやタブレット端末より視聴する事も可能です。

もし毎回視聴している最新ドラマを見忘れたもしくは録画し忘れた場合は、決してあきらめる事なくどこかの映像配信サービスにて見逃し配信を行っていないかチェックしてみましょう。

月額の固定コストが嫌な場合

ドラマをテレビ局直営・もしくはそれ以外の月額性映像配信サービスで視聴するのが嫌ならば、オンラインDVDレンタルを利用してみるのもおすすめです。

もし通常のDVD単品レンタル価格が300円だとしても、50円セールなどを上手に活用すればわずかなコストで毎月たくさんのDVD化されている作品を視聴できます。

Twitterでフォローしよう