blu-ray

日本が誇る文化の一つとして世界的にも有名になったアニメですが、現在では様々な手段で見ることができます。

過去の名作を見る、現在進行形の作品を楽しむ、迫力のある映像を見る、当時の状態を重視して鑑賞するなど目的によって向いている媒体が異なります。

そこで、それぞれについて違いを解説します。

アニメの様々な鑑賞方法をチェック!

一番手軽!ネット配信

まず手始めとして一番のおすすめなのはネット配信サービスを活用する方法です。

動画サイトで公式チャンネルを持っている会社も増えてきていますし、どこでもネットさえつながれば見ることができる、手元になくても視聴可能というのは大きな魅力です。

サブスクリプションサービスに含まれているものならば定額ですべて視聴することができます。

話数ごとにレンタルとなっているものは少し見て気に入るか判断すれば効率的です。

配信元の労力も少なく済むため、最新作などもかなり早くみられるのが魅力です。

より良い仕上がりを!ブルーレイで楽しもう

ブルーレイで販売されている作品は、多くの場合テレビやネット配信されたものをよりブラッシュアップした仕上がりになっています。

これはきちんとお金を払ってくれる消費者に対してのサービスともいえるもので、丁寧な作画や作り込みをより楽しみたい場合には購入して楽しむことでより深い味わいを得られるようになるのです。

アイテムは所有欲がありますから、豪華なパッケージなども含めて棚に飾り、中身を見て楽しむといったように複合的な楽しみ方ができるのも特徴です。

ビデオやレーザーディスク?古いメディアを掘り起こそう

昔の作品をそのままの姿で鑑賞したいという通な趣味を持っている場合、ビデオテープやレーザーディスクなど昔使われていた媒体での鑑賞も大きな意味を持ちます。

これらは専用のデッキが必要で、ネット配信やブルーレイよりも品質が劣ってしまう場合も少なくないのですが、当時の歴史的な資料としての価値を持つところが特徴となります。

特に声の演出などは吹き替えのキャストが現行と異なるなどのケースが少なくないため、そうしたこだわりを持つ場合にはとても意味があります。

最先端の表現!映画館で楽しむ

映画は映像表現において最先端で最も予算のかかる媒体の一つで、それは過去においても現在でも変わることはありません。

3D表現や非常に凝った音響など、アニメを楽しむ際に自宅で鑑賞する環境では取りこぼしてしまう表現もありますから、そうしたものを十全に楽しめるようにするには映画館に赴くのが一番です。

普段は周囲に誘惑となる要素も多いですから、暗くて画面に集中以外できない環境で作品を見ることは、より没入感を深めてくれます。

Twitterでフォローしよう