yuseiIMGL2413_TP_V

寒い夜には心が暖まる映画が観たくなるという人もいるのではないでしょうか。

そこで、寒い季節にぴったりな優しい映画を紹介します。

ハラハラドキドキするような映画も良いですが、心が穏やかになるような映画も魅力的なものです。

暖かな部屋の中で、眠るまでの数時間を映画に癒されながら過ごすというのも良いのではないでしょうか。

寒い季節にぴったりの映画3選!

雪が降る夜に観たい「サンタクロースになった少年」

サンタクロースは、いつサンタクロースになったのだろう。

子供の頃に多くの人が抱いたであろう疑問を解決してくれるのが、この映画です。

幼くして家族を失った少年ニコラスは、村の人達に愛されながら成長していきました。

最初は哀しみから心を閉ざしていたニコラスが次第に心を開き受け入れていくシーンは、心の中がじんわりと暖かくなっていきます。

そして、村の中で唯一ニコラスに冷たく当たるイーサッキがなぜ冷たく当たるのかという理由が打ち明けられた瞬間、優しさと切なさが沸き上がるような不思議な感覚になりました。

やがて、成長したニコラスはサンタクロースになっていくのです。

なぜサンタクロースは赤い服を着ているの、なぜトナカイをお供にしているの、なぜ子供にプレゼントをくれるのといった素朴な疑問が解決されていく映画です。

雪が降る静かな夜、時には感動の涙を流したいという時にはぴったりな作品です。

大切な人と観たい「ニューイヤーズ・イブ」

ニューヨークの大晦日を舞台にして、8組の男女が大切な人との絆を取り戻そうとするストーリーです。

ニューイヤーズ・イブ・ショーの責任者に抜擢されたクレアや、元カノへ告白するもフラれるロックスターのジェンセン、ジェンセンの身勝手さに腹を立てている元カノのローラ、ニューヨークへ帰ろうと急ぐ御曹司のサムと、いろんな人のいろんな人生が垣間見えるストーリーです。

派手な設定やアクションシーンはありませんが、大切な人との絆を取り戻したいと願う人々が懸命に頑張る姿が、観ていて心が暖かくなります。

何気ない日常が、実は一番幸せであることを教えてくれる作品です。

大泉洋さん吹き替えの「グリンチ」

誰にも愛されずに育ったグリンチは、他人の幸せを妬んでいました。愛犬と共にクリスマスをめちゃくちゃにしてやろうと村へ向かうグリンチですが、シンディーという一人の少女を思わず助けてしまいます。

絵本の世界のような色鮮やかな世界と、グリンチがずっと抱えてきた孤独。

そして、唯一彼の優しさを見抜いたシンディーの優しさと、映画を観ながら笑って泣いて、そして癒されます。

ほんの少し勇気を出せばいつでも人生はやり直せるのだと教えてくれる作品です。

Twitterでフォローしよう