macbook

外出先でパソコンを使用することが多い人はノートパソコンを使うのが主流でした。

しかし、最近ではタブレットパソコンも登場していて注目を浴びるようになっています。

それぞれの特徴を私が使用してきた経験から紹介するので、自分にとってどちらの方が合っているのかを判断できるようになりましょう。

ノートパソコンとタブレットパソコン。どう違う?

ノートパソコンの特徴とは

ノートパソコンは二つ折りになっている携帯型のパソコンで、折りたたまれている状態から開くことで使用できるようになります。

開かないと使えないことから手で持って使うのは難しいものの、持ち歩くときにはディスプレイが内側に隠れているので傷つく心配がないのがメリットです。

ノートパソコンはキーボードとディスプレイが一体化していてコンパクトな仕様になっています。

スペック的にもデスクトップほどではないにしてもかなり高いものが多くなっているので、外出先でデスクに座って長時間の作業をする人に向いているパソコンです。

周辺機器の接続もしやすい仕様で拡張もしやすいパソコンが多いのも特徴でしょう。

ノートパソコンのOSはオリジナルのこともありましたが、現在ではデスクトップパソコンと同じものを使っている場合がほとんどです。

多機能なOSを使えるので、携帯型とはいえ十分な機能を持っているのがノートパソコンの魅力でしょう。

タブレットパソコンの特徴とは

タブレットパソコンはタブレットとノートパソコンの間を取ったような仕様になっているパソコンです。

具体的な仕様にはいくつかの種類がありますが、主要なのはタブレットとキーボードがセットになっているものです。

タブレットはそれだけを単独で使うことも可能で、OSなどもタブレットに使われているAndroidなどが主流になっています。

キーボードがタブレットにぴったりと装着でき、ディスプレイと同じ面に取り付けて画面の保護をすることも、反対の面に付けてタブレットのようにすることも可能です。

タブレットパソコンと言われているのはキーボードを取り付けて、ディスプレイを立てることでノートパソコンのような姿にすることができるからです。

タブレットではキーボード入力をしにくいという問題を克服し、文章を書いたりプログラミングをしたりするのも簡単になっています。

ただ、スペック的にはタブレットと同じレベルなのでそれほど高くはなく、マシン負荷が大きい作業をするのにはあまり向いていません。

外出先でメールをキーボードで打ちたいといった希望があるときにはうってつけのパソコンです。

Twitterでフォローしよう