belly



美容が気になる方はとても多いですよね。特に、アンチエイジングに興味を持つ方が増えています。

いつまでも若々しく、美しい外見をキープしたいなら、日常生活の過ごし方に気をつけましょう。

これから、美容に好影響をもたらす食事と運動、入浴と睡眠の方法について、詳しく説明します。

参考にしてくださいね。

野菜と果物が多い食事が理想的

美容にいい影響を与える食事として、野菜と果物が挙げられています。

なぜなら、野菜と果物にはビタミン類が豊富に含まれているからです。

ビタミンAはニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜に入っていますが、肌の免疫力をアップさせる効能があります。

肌にダメージを受けた場合には、緑黄色野菜をたっぷり食べましょう。ビタミンCは新陳代謝を活発にします。

肌の再生力に欠かせない成分ですから、積極的に摂取することがコツです。

果物はビタミンCの含有量が多いので、こまめに食べましょう。

忙しくても可能な運動のやり方

体を引き締めたいなら、日常生活に運動を取り入れる方法がおすすめです。

けれど、仕事や家事が多忙などの理由から、なかなか運動することができないこともありますよね。そのような場合には、忙しくても可能な運動のやり方を学びましょう。

最適な運動として、ストレッチが挙げられています。室内でも行うことが可能ですから、空いた時間を利用して運動できます。

デスクに両手をつけて腕の曲げ伸ばしを行えば、腕立て伏せの代わりになります。

両手を後頭部につけて膝の屈伸運動をすれば、下半身のぜい肉を落とせます。

入浴タイムは有効に活用しよう

入浴することによって、全身の新陳代謝が活発になります。

美容にいい入浴のやり方は、適温の浴槽に浸かることです。40度から42度を目安にしましょう。

じっくり浴槽に浸かることによって血行が良くなりますので、肥満予防につながりますよ。

さらに、全身を洗う時は、肌を傷つけないようにすることがコツです。

ボディソープを十分に泡立てて、肌を撫でるようにして洗いましょう。

尚、乾燥が気になる季節には、タオルで体を拭いてからローションを塗れば潤いをキープできます。

質の高い睡眠のために

睡眠時間が不足すると、肌が荒れたり、目の下にクマができたりします。

美容に悪影響をもたらしますので、良質な睡眠をキープできるように配慮しましょう。まずは、寝室の気温に注意することが大事ですよね。

暑さや寒さを調節するために、エアコンを適切に使いましょう。

さらに、光や音によって、安眠できなくなるケースはよくあります。

厚手のカーテンを使用すれば、外部の光や音を遮断することができますよ。



Twitterでフォローしよう