110zeikin

頻繁に利用する日用品をできる限り安く買いたいのなら、100円ショップを上手く活用することをおすすめします。

スーパーマーケットやドラッグストアでは200円から300円で売られているようなアイテムも、100円(税抜き)で手に入るのでかなりお得です。

ただし、すべてのアイテムがお得というわけではないので、何を買えばよいか知ったうえで利用しましょう。

安さこそ正義!日用品は100円ショップで揃えよう!

容量が多いものは安い

一般のお店で売られているものよりも、大容量で販売されているアイテムはお得な場合が多いです。

割り箸やビニール袋など、さまざまなアイテムが100個入りや50枚入りといった大容量で売られているので上手く活用しましょう。

なお、ほとんど使わない日用品を大容量で購入してしまうと、邪魔になってしまう可能性があるので気をつけなければいけません。

容量を削り品質をアップしたアイテムが、同じ場所に並んでいる場合が多いので自宅に合ったものを選ぶようにしましょう。

クオリティの低いアイテムには注意

100円ショップには一見お得に見えて、実はまったくそうではないクオリティの低いアイテムがたくさんあります。

例えば、泡立ちの悪い食器用洗剤やまったくお肌が潤わないコスメなどいろいろあるので注意が必要です。

泡立ちの悪い食器用洗剤はたくさん使わなければ汚れをキレイにできないので、一滴で済む有名メーカーの製品のほうがお得でしょう。

そして、潤わないコスメは使っても意味がないので、100円をどぶに捨てたのと同じに感じるかもしれません。

もしも、各アイテムのクオリティを事前に知りたいのなら、レビューを頼ることをおすすめします。

見た目ではクオリティが分からなくて、使って見なければ分からないアイテムも多いので、実際に100円ショップで購入・使用してみた方の意見を参考にしましょう。

いろいろな100円ショップを見て回ろう

100円ショップを活用したいのなら、いろいろな種類のお店を訪れてみましょう。

ダイソーやセリアなどお店によって品揃えが異なるため、近くにあるところを一通り巡ることをおすすめします。

似たような日用品でも容量や品質が異なるので、それぞれの100円ショップをじっくりと比較して、ベストな選択をできるようになりましょう。

販売が中止されるアイテムもある

100円ショップを使うときに気をつけなければいけないのは、突然販売が中止されて店頭から消えるケースがあることです。

中止の理由は単純に売れていなかったり、材料の値段が上がってしまって100円を維持できなかったりといろいろです。

そのため、自身の日常生活に欠かせないアイテムがあるのなら、少し多めに買っておくのをおすすめします。

そうすれば、買い足すまでの時間が余分にできるため、販売中止になったことに気がついたのならゆっくりと代替品を探せます。

Twitterでフォローしよう