キムチチャーハン

グルメにこだわりがある人にとって外食は楽しいものかもしれません。

しかし、本当に美味しいものを食べたいと思ったら自分で料理をした方が良い可能性もあります。

外食と自炊の違いをよく理解できるとグルメの楽しみ方も大きく変化するので、どんな形で使い分けをしたら良いのかを確認しておきましょう。

グルメをより楽しむ為に、外食と自炊を使い分けよう!

自炊なら自分の好みに合ったものを食べられる

グルメというと外食と考えてしまいがちですが、自炊でも十分にグルメを堪能することができます。

自炊は自分の好みに合ったものを好きな味付けで食べられるのが特徴なので、簡単に作れるものだったら外食するよりも自炊した方が美味しく食べられるでしょう。

レシピもインターネット上にたくさんあり、食べてみたいもののレシピを探して作ってみるといつでも美味しい食事を楽しめます。

さらに本格的に自炊をしたいなら料理教室で学んでみるのも一興です。

私も料理教室に通うようになってから自炊でグルメを堪能している気持ちを持つようになりました。

最近ではお取り寄せグルメも豊富になりました。

通販でカニやおせち、ラーメン屋や鍋料理などを取り寄せて自宅で料理して食べることができます。

自炊は苦手という人でも電子レンジを使うだけですぐに食べられる惣菜や、自然解凍でも美味しいスイーツなどもたくさんあるので心配はいりません。

手間をかけずに自宅にグルメを持ち込むことができるのはお取り寄せの魅力です。

外食だと自炊では難しいものも食べられる

やはりグルメといったら外食と考える人もいるでしょう。

レストランや料亭などでいただくグルメはやはり大きな満足を得られるのは確かで、自炊でグルメを楽しんでいる私でも毎週末は外食をしています。

外食の魅力は自炊で気軽に作ることができないような料理も食べられることです。

例えば、ラーメン一つを取っても一晩煮込んで出した豚骨スープの味を家庭で再現するのは難しいでしょう。

大きな石釜オーブンがなければ美味しいピザを焼くこともできません。

時間や設備などに加え、腕の問題でやはり外食の方が良いという場合もあります。

例えば、刺身は包丁の扱い方や魚の処理の仕方によって大きく味も風味も変わるので、一流の人に作ってもらうとまるで違うものに仕上がるでしょう。

企業秘密で世の中には知られていないレシピで作られている料理もたくさんあります。

そのようなグルメを味わいたいと思ったらやはり外食が魅力的なのです。

それを真似して自炊してみるとまた違う美味しさの料理ができることもあるので、両方を楽しむというスタンスをおすすめします。

Twitterでフォローしよう