massage

デスクワークが多い人は、足のむくみや冷え、肩こりなどに悩むことがあるかもしれませんね。

こういったトラブルがある場合は、血行が悪くなっている可能性があります。

マッサージに通う時間がなかなかとれないときは、市販されている健康グッズを利用してみるのも1つの方法です。

ここでは、仕事の合間やリラックスタイムに活用できるマッサージグッズを紹介します。

仕事の合間に使える!マッサージグッズのご紹介

足の疲れやだるさを感じるときに試してみたい「足つぼ刺激マット」

座っている時間が長くて足に疲れやだるさを感じるときは、足つぼ刺激マットが役立つかもしれません。

市販されている足つぼ刺激マットは、平らなシートに小さなストーンや突起がたくさんついたデザインになっていることが多く、シートの上を歩くことでマッサージ効果が得られます。

ストーンや突起の形、大きさは商品によってさまざまですが、いずれも足裏のツボを適度に刺激してくれるようなデザインです。

こういったマットの便利なところは、デスクの下や自宅の床などに置いて手軽に使える点です。

縦横が40センチ前後のミニサイズの商品なら、デスクの下にもおさまります。

内臓や器官の反射区を図解した商品などもあるため、自分の体調を知るうえでも一役買ってくれるかもしれません。

ピンクやブルー、イエローなどのカラフルなストーンをあしらったオシャレな足つぼ刺激マットは、美意識が高い女子にもおすすめです。

手が届きにくいところにアプローチができる「アーム型の指圧マッサージャー」

肩こりがつらいときは、アーム型の指圧マッサージャーがあると手軽に凝りが解消できることがあります。

この手の商品は、手が届きにくい背中や腰などを自分で指圧できるアーム型のデザインが取り入れられています。

手の角度を調節することで、体の裏側にあるツボなどを指圧できるのが便利な点です。

手に持って使用できるハンディタイプのマッサージャーは、肌に触れる持ち手や尖端部分のデザイン、素材によってマッサージの強さが変わるため、自分に合った商品を選ぶのがポイントと言えます。

アーム型の指圧マッサージャーは、デザインにもバリエーションがあります。

天然の木を使ったウッド調の商品などは、肌への当たりがソフトなのが特徴です。

フラミンゴのデザインを取り入れたユニークな商品もあるため、女性でも使いやすいかもしれません。

ピンポイントで凝りを解消したいときは「指圧棒」があると便利

バッグの中などに入れて持ち歩ける指圧棒も、あると便利な健康グッズです。

指圧棒の場合も、デザインや素材は商品によってさまざまです。

いずれの商品も、手に持ってツボをピンポイントで刺激できるような工夫が凝らされています。

足裏や手のひら、腕などの手が届く部分を的確にマッサージできるのが、こういった商品のメリットと言えます。

天然の木を素材にした指圧棒や、猫などの動物をモチーフにした指圧棒などは、使っているときに何となくオシャレに見えるのが魅力です。

好みのデザインの商品を選んで持ち歩けば、外出先でも手軽に凝りがほぐせるでしょう。

指圧棒は、ストレスの解消に役立つ点も見逃せません。

緊張したときに軽く手のひらなどをマッサージをしてみるのもおすすめです。

Twitterでフォローしよう