image-002



ダイエットを成功させるためには、ご飯やパン、ラーメンなどの主食を控えることも大事です。

主食を選ぶ時は、ライ麦パンや玄米、蕎麦などの低糖質な食材がおすすめです。

ダイエット中は油脂の摂取を控える人が多いですが、お肌の乾燥や肌荒れに悩んでいる人もあります。

オリーブオイルや亜麻仁油、ごま油などの植物性の油を摂取するのをおすすめします。

ダイエットの基本的な食事を考えてみる

ダイエット中は低糖質の食事がおすすめ

パンやお米、うどんなどの炭水化物は、脳を活性化させて集中力を付けたり、大切なエネルギー源になるので欠かせなくなっています。

三大栄養素のひとつなので、適量は食べる必要がありますが、食べすぎると体内で糖質に変化します。

炭水化物を食べすぎると、脂肪が蓄積する原因になるのでダイエット中は控える必要があります。

低糖質の主食は血糖値の上昇を抑えるのでおすすめ

菓子パンや白米、ラーメンなどの血糖値が上昇しやすい主食は避けて、玄米や雑穀パン、蕎麦、ライ麦パンなどの低糖質の主食がおすすめです。

低糖質の主食は血糖値の上昇を抑える働きがあるので、ゆっくりと噛んで食べることで血糖値の上昇を抑えることが出来ます。

玄米や雑穀パンなどは噛み応えがあるので、少量でも満腹感を感じやすく、ダイエットにおすすめの食材です。

ゼリーや寒天などの低カロリーのお菓子がおすすめ

甘いお菓子類やスナック菓子などは、適量であればストレスを解消する効果がありますが、カロリーが高いので食べすぎると太る原因になってしまいます。

ダイエット中は焼き菓子やケーキ、シュークリームなどは避けて、低カロリーのゼリーや寒天などのお菓子がおすすめです。

ゼリーにはコラーゲンが豊富に含まれていますし、寒天には食物繊維が含まれています。寒天には食物繊維が豊富に含まれているので、便通を整える効果があります。

ゼリーに含まれているコラーゲンは、お肌に張りや弾力を与えるのでおすすめです。

脂肪分の少ない肉類がおすすめ

ダイエットを成功させるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回る必要があります。

カロリーの高い食材を選んでしまうと、あまり量が食べられないので満足感を感じにくいです。

肉類を選ぶ時は、脂肪分の多い霜降り肉よりも、鶏の胸肉やささみなどの脂肪が少ない部位がおすすめです。

豚肉は脂身が気になる人は、冷しゃぶサラダなどを作って食べると、余分な油脂は落とすことが出来ます。

ダイエット中は油脂を控える人が多いですが、オリーブオイルや亜麻仁油、ごま油などはヘルシーなのでおすすめです。ダイエット中でも適度に油分を補うことで、肌荒れを防げます。

ダイエットをするとお肌が乾燥する人は、植物性の油を摂取すると良いでしょう。



Twitterでフォローしよう