レシプロ機_編隊

太平洋戦争末期、日本軍は特攻隊を編成して圧倒的な物量を誇る連合軍に一矢を報いようと躍起になっていました。

このような風潮が支配する中で、公然と特攻に反対しパイロットの命をできるだけ守り生存を促した指揮官がいました。

光人社NF文庫の「特攻拒否の異色集団彗星夜襲隊」はその部隊を記録した戦記です。

特攻に関心のある方には是非ともお勧めしたい作品です。

生還不可能。特攻隊が編成されていく中、パイロットの命の尊さを唱え続けた軍人

特攻拒否を主張した美濃部指揮官という特殊な存在

生還を期さない特攻隊の編成に強く異議を唱えたのは、静岡県の藤枝にある海軍基地の司令官だった美濃部中佐でした。

美濃部中佐は夜襲を専門とする「芙蓉部隊」を編成して搭乗員の訓練に明け暮れていました。

藤枝の自衛隊静浜基地を訪ねたら、今も芙蓉の塔という記念碑が建っています。

圧倒的な兵力を持つ米軍と昼間に真っ向勝負を挑んでも勝ち目は無いため、少数機でも成果を挙げられる夜襲という戦術を選んだのです。

美濃部中佐は藤枝から九州の岩川基地に進出し、沖縄近辺に出没する米軍の潜水艦や輸送船を狙って夜襲をかけていました。

その頃は米軍機の本土空襲も本格化し、航空基地はどこも爆撃目標となっていましたが、岩川基地は昼間移動式の家畜小屋を滑走路上に並べるなど牧草地に偽装して敵の目を欺き、終戦まで米軍に悟られることがありませんでした。

美濃部中佐はこうした巧緻に長けており、地上で貴重な航空機を失うことがなかったのです。

当時はフィリピンなどで屋外に並べた新品の航空機が米軍の空襲で無残に焼き払われる被害が後を絶たず、岩川基地のように1機も地上で破壊されなった例は珍しいものでした。

戦略に長け人命尊重を堂々と主張できた美濃部中佐

美濃部中佐が夜襲に使用するために選んだ飛行機は、彗星という艦上爆撃機でした。

彗星は整備が難しく、稼働率も低くて搭乗員たちからは評判の悪い飛行機でした。

美濃部中佐はこれに目を付け、優秀な整備士を集めると彗星の稼働率を7割から8割からまで上げることに成功したのです。

各部隊の搭乗員から嫌われていた彗星を自分の基地に集めることは比較的容易で、美濃部中佐は夜襲に必要な彗星を手元に置くことができたのでした。

この彗星夜襲隊は、夜間出撃でそれなりの戦果をあげ上層部も美濃部中佐の特攻拒否に対して強く反発することは無かったのです。

兵士の命が虫けらのように踏みにじられていた戦時にあって、美濃部中佐のように人命尊重主義を堂々と主張することは相当の勇気が必要でした。

美濃部中佐のように戦術と戦略に優れた指揮官が上層部に多ければ、人命の損失も減らすことができたのではないかと悔やまれてなりません。

1億玉砕という狂気が席巻する日本で、冷静に人命尊重を唱えられた人物のいたことを一人でも多くの人に知ってもらいたいと思います。

Twitterでフォローしよう