library

学校の成績を上げたいなら、参考書を慎重に選ぶことが大切です。

けれど、さまざまな出版社が参考書を発行しています。

子どもと相性がいい参考書を選ぶために、情報収集を念入りに行いましょう。

レビューを読んだり、サンプルを確かめたりして、参考書の内容を吟味することはとても大事ですね。

これから参考書を選ぶコツを紹介します。

勉強の進め方に差がつく!参考書の選び方

目的を明確にして参考書を選ぼう

参考書を購入する時は、目的を明確にすることが重要です。

なぜなら、それぞれの参考書によって特色が異なるからです。

授業の予習や復習、受験勉強など、目的に合う参考書を選ぶようにしましょう。

中には、学校の定期テスト対策に適した参考書も販売されています。

また、各教科の苦手な分野を集中的に攻略できる参考書もあります。

英語の長文問題や国語の古文など、特定の分野をピックアップした参考書を探しましょう。

重点的に勉強することによって、大幅な成績アップにつながります。

さらに、苦手な分野を克服することができたなら、勉強に対して前向きに取り組めるようになります。

尚、受験に合格するために参考書を活用したい場合は注意が必要です。

志望校の傾向に合わせた参考書を探しましょう。

特に、大学受験の参考書は種類が豊富なので、じっくり選ぶことがポイントになります。

学部や学科ごとに参考書が異なりますから気をつけましょう。

さらに、各大学の過去問も販売されています。

受験の対策に最適ですから、志望校が決まったらチェックしてみることをおすすめします。

使いやすい参考書を探そう

績を上げたいけれど、なかなか勉強に身が入らない子どもは多いです。

特に、勉強する習慣が身についていない小学生や中学生に見かけます。

そのような状況を改善したいなら、使いやすい参考書を選びましょう。

イラストが載っていたり、重要な部分をカラーで示したりして、さまざまな工夫を凝らしている参考書ならば子どもの興味を惹きつけます。

また、子どもから人気の高いキャラクターを起用した参考書もあります。

親近感を持ちながら勉強することができますので、子どものやる気を引き出したい場合にぴったりですよ。

尚、高校受験について不安に感じている保護者はたくさんいます。

子どもに最適な参考書を与えたいなら「中学ニューコース」シリーズがおすすめです。

各学年の教科ごとに発行されていますので、必要な参考書だけ購入することができます。

英語にはCDがついていますから、ヒアリングの勉強をしたい子どもに最適です。

社会は歴史や地理など分野ごとに販売されています。大判で見やすく、イラストが豊富なので分かりやすい参考書です。

Twitterでフォローしよう